コーチのバッグ

高級ブランドショップがもっとも集まるエリア新宿。たくさんの買取ショップが軒を連ねているため、売りたい時にも便利な地域です。そこで、新宿エリアを中心に、コーチのバッグを買い取ってくれるおすすめの買取専門店3店を調べました。

ダイヤモンドセブン歌舞伎町店

ダイヤモンドセブン歌舞伎町店の店舗

引用元:ダイヤモンドセブン公式サイト
(https://diamondseven.net/shoplist_kabukicho.html)

主なコーチのバッグ買取実績

  • リュックサック カモフラージュ:20,000円

店舗の特徴

敷居の高さを感じさせず、カジュアルなブティックのように入りやすい店構え。
最短5分で査定・買取してくれるので、急にお金が必要になった時も、すぐにまとまったお金が手に入ります。深夜3時まで営業しており、昼間は人目が気になって入店できない方も安心。仕事の都合などで、なかなか来店する時間がないという方にもおすすめです。

査定中に腰かけるブースがシンプルに並ぶ店内は明るくてキレイ。すりガラスタイプの仕切りがあり、プライバシーへの配慮が行き届いています。ブースそのものが店外からは確認できないようになっているので、見られることはありません。落ち着いて査定に臨めるでしょう。

ダイヤモンドセブンのおすすめポイント

「お金が必要だけど、まだバッグを手放す勇気がない…」という人におすすめなのが、質屋のメリットを生かしたシステム。ダイヤモンドセブンでは、質預かりサービスにも対応しています。例えば、コーチのバッグのようなブランド品を査定して預かってもらっている間、その品物の価値に見合った金額を審査なしで融資するサービスです。

融資なので、利息として預けた日数分の質料(※1%)が発生しますが、期限内に元金と質料を支払えば、預けた品物は自分の手元に返ってきます。万が一、返済期限内に元金を用意できなくても、質料さえ払っておけば質入れの期限延長が可能に。その品物が買取業者の所有物になる「質流れ」になることはありません。

品物を担保にする昔ながらのシンプルな方法で、審査や面倒な手続きも必要なし。 「コーチのバッグを処分したいけど、なかなか決められない…」という方は、一度質預かりを利用してみてもいいかもしれません。

しばらく預けることで、そのブランド品が今の自分にとって本当に必要か、冷静に考えることができます。「手元になくても困らない、必要ない」という場合は、質料を支払わないでそのまま手放せます。その場合は元金の支払いがなく、買取という形でお金を得たことになります。

※2019年8月時点のダイヤモンドセブンの質料です。

ダイヤモンドセブン店舗情報

住所:〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-24-7-1F

TEL:0120-728-007

E-mail:info@diamondseven.net

定休日:年中無休(盆、年末年始を除く)

営業時間:16:00~翌朝6:00(14時間営業)

なんぼや 新宿東口店

なんぼや 新宿東口店の店舗

引用元:なんぼや公式サイト
(https://nanboya.com/shop/tokyo/shinjuku-higashiguchi-brandshop/)

主なコーチのバッグ買取実績

  • コーチ レザー ハンドバッグ:20,000円
  • コーチ ブリーカーカラーブロック プレストンサッチェル 2WAYバッグ:15,000円
  • コーチ レザー 2WAYハンドバッグ:16,000円

店舗の特徴

なんぼやは、エステサロンのような清潔感のある受付と、ゆったりとした待合室が特徴的。完全個室のなか、鑑定士がマンツーマンで対応してくれます。個室ブースは3つありますが、声が外に漏れない仕様になっており、他の人に話し声を聞かれることはありません。

なんぼや新宿東口店は、新宿の地下道を通ってすぐの便利な立地にあります。天気の悪い日も濡れずにたどり着けるのが嬉しいポイント。近隣には駐車場も充実しているので、車で通いたい場合も不自由しません。買取成立した人には駐車場代500円を出してくれるサービスを行っているので、車利用の方はチェックしておくと良いでしょう。

なんぼやのおすすめポイント

店内がオシャレな点が、なんぼやの特徴です。白とブルーを基調とした店内は明るく清潔感があり、まるでサロンのような雰囲気。初めてブランド品の買取をするという女性でも気持ちよく利用できるでしょう。個室ブースを用意して、プライバシーへ配慮されているのも嬉しいポイントです。

また、なんぼやではどのお店でも丁寧な接客を第一にしています。査定を担当する鑑定士をコンシェルジュと呼び、一流の接客マナーを身につけたスタッフだけが対応するのだそう。また、時計や宝石、金など各分野ごとの相場や価値に詳しいスペシャリストが在籍しているので、持ち込む品物によって正しい知識を持った鑑定士が対応してくれます。幅広いジャンルの品物を信頼して依頼できそうです。

なんぼや新宿店東口店舗情報

住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3-17-2 アカネビル7F

TEL:03-4540-6281

E-mail:記載なし

定休日:定休日なし

営業時間:11:00~21:00。最終受付時間:20:30

銀蔵 買取専門 新宿西口店

銀蔵 買取専門 新宿西口店の店舗

引用元:銀蔵公式サイト
(https://ginzo-buy.jp/shop/shinjuku_nishi)

主なコーチのバッグ買取実績

  • 未使用コーチ トートバッグ レザー フレンチブルーF23662アウトレット:20,000円
  • 中古 コーチ ショルダーバッグ Disneyコラボ 限定 レザー 黒 F59359 アウトレット:15,000円
  • 新品コーチ ドローストリング シグネチャーストライプ トートバッグF30521ピンク:15,000円

店舗の特徴

銀蔵は新宿に2店舗を構えており、さらに別の買取専門サロンルームを持っています。新宿西口店は新宿駅西口から徒歩2分とアクセスも良好。入りやすいカジュアルな店構えの路面店で、予約なしで持ち込みできるので、思い立ったときにすぐ利用できるでしょう。

予約していきたい場合は、同じ新宿内の買取専用サロンルームもおすすめ。新宿駅からのタクシー代をサロンが負担してくれるので、荷物が多くて持ち込みが面倒な方は利用してみてください。

銀蔵のおすすめポイント

銀蔵では人目を気にせずじっくり査定して欲しいというお客様の声に寄り添い、サロンルームでの買取を行なっています。完全予約制なので待ち時間なし。個室で専属の鑑定士と商談ができるので、持込商品についての思い入れやポイントなどを思う存分伝えられます。会社の応接室のようなゆったりできるスペースを用意してくれているので、気分はVIP。お迎えサービス・パーキング代サービス・手ぶら買取サービスなど6つのおもてなしが受けられるの、チェックしてみてください。

また、独自のネットワークを駆使し、株価や為替の変動を細かく調査している銀蔵。持込品の相場を把握し、今買い取れる一番高い価格を提示してくれますよ。LINEや写メールでのかんたん査定も対応しているので、まずはそちらを利用してみるのもおすすめです。

銀蔵新宿西口店舗情報

住所:〒160-0023 東京都新宿区新宿1-2-6

TEL:03-5908-4978

E-mail:記載なし

定休日:日曜日

営業時間:11:00~20:00

各店舗の買取価格相場は?

コーチ リュックサック

ダイヤモンドセブン 20,000円
なんぼや 18,000円
銀蔵 15,000円
買取相場 17,666円

コーチ ハンドバッグ

ダイヤモンドセブン 公式サイトには記載されていませんでした。
なんぼや 20,000円
銀蔵 12,000円
買取相場 16,000円

コーチ ショルダーバッグ

ダイヤモンドセブン 公式サイトには記載されていませんでした。
なんぼや 18,000円
銀蔵 15,000円
買取相場 16,500円

コーチのバッグの買取事情を調査!

コーチ

コーチは幅広い年代から人気を得ているブランド。もともとブランドバッグとしては手の届きやすい価格帯なので若い世代の人にも愛用者が多いのが特徴です。

しかしコーチの買取事情を調べると、平均的には査定額はそこまで高くないことがわかってきました。その理由は、もともとの価格帯が安いことと、大量生産によって流通量が多いこと。状態がいいAランクのものでも3,000~5,000円ほどが相場だと言われています。

ただ、人気のデザインならもう少し買取価格が高くなる可能性はあります。コーチのバッグの買取事情について詳しく見ていきましょう。

Cのロゴデザインの爆発的人気が買取価格低迷の原因?

コーチはもともと1941年のニューヨークで誕生したブランドで、はじめはシンプルで落ち着いたデザインの商品を売り出していました。ある時「C」のロゴをあしらったデザインを販売したところ大ヒット。一時、爆発的な人気を集めました。しかし、これが高額査定低迷のはじまり。人気に合わせて生産量も急激に増やしたところ、だんだんと在庫が余ってしまうようになりました。飽和状態になってしまったため、あまり買取価格が上がらないというのが現実のようです。

丈夫で品質の良いレザーは高評価

ブランド創業当時は優秀な職人が手作業で商品を作り出していて、野球のグローブのように使いこむほどに味がでるレザー素材を利用していました。そして2000年代に入り、皮革製品メーカーから現代のような総合ファッションブランドとして進化を遂げています。質の良いレザー品は今でも人気高!買取強化アイテムとして取り扱っているところが多くあります。

コーチバッグの人気定番モデルは「シグネチャー」

社名の頭文字であるCのモノグラム柄になっているハンドバッグのシリーズです。一目でコーチだとわかるデザインが魅力。ベースにブラウン系のカラーが使われているので、カジュアルシーンからビジネスシーンまで活躍してくれます。

中古市場でも人気のため、買取を強化している店舗も存在します。状態が良ければ数万円の買取値がつくこともありますよ。シグネチャーを売りたいと思っている人は、対象アイテムになっていないか、いくつか店舗を調べてみるのがおすすめです。

マーケットトートも根強い人気

1960年代の初めから登場したマーケットトートも人気の高いコーチバッグの一つです。物を出し入れしやすいスッキリとしたシルエットと、細身のストラップが印象的。収納力抜群なのでビジネスバッグとして利用する人もたくさんいます。スーツ姿にもピッタリです。大人の女性から支持を集めているデザインです。

こちらも状態によりますが、1~2万円の査定価格が期待できます。

コーチのバッグを高く売るためのポイント

メンテナンスをする

まずは基本として、なるべく綺麗な状態で査定に持っていくことが大切です。長年眠っていたバッグはホコリが溜まっていることも多いので、乾いた布とブラシで丁寧に掃除しましょう。バッグの底に溜まったゴミは掃除機で吸引。革製品は専用のクリーナーを使用するのが最適です。ニオイをチェックされることもあるため、査定前に日陰で干しておくと良いでしょう。

付属品が揃った状態にする

どのブランドバッグにも共通することですが、箱・袋・商品証明書などがあるかどうかで査定額が大きく変わることがあります。高く買い取って欲しいと思うなら、購入当時になるべく近い状態で持っていきましょう。

アウトレット品は購入場所の証明を持って行く

コーチのアウトレットバッグは取り扱っている店舗が限られています。正規店である「COACH FACTORY」で購入した証明をすることで、正しく査定を行なってくれるでしょう。購入時の明細やレシートを提示すればOKです。

潜入レポート 高額買取SHOPは?実際に査定に行ってきました

TOP

コンテンツ一覧