シャネルの時計

シャネルの時計の買取事情を調査!

腕時計

時計ブランドの中でも、トップクラスの人気を誇る「シャネル」。1987年に時計産業に参入し、当初こそ女性たちの間でのみ流行するブランド時計でしたが、2000年に「シャネルJ12」を発表してから状況が一変。

瞬く間に男性たちの間でそのブランド時計は浸透していき、あっという間に人気ブランドの一角にまで上り詰めました。

そんなシャネルの買取事情について、今回はリサーチしてきました。

圧倒的な人気のシャネル「J12」の買取価格は?

さて、まずはシャネル時計の中でも一際人気のあるJ12シリーズ。こちらの中古買取価格は、およそ13万から60万までが平均相場のようです。一般的な高級時計は、オーバーホールの回数や時計の状態次第で査定額大きく変化する傾向にありますが、シャネルのJ12や後述のプルミエールはその枠に当てはまりません。仮に保存状態が悪いものであっても、10万の大台を下回ることはないので、安定した価格で売却することが出来ます。

また、中古時計業界では汚れや傷跡が目立つ点などからホワイトは敬遠される傾向にありますが、それがJ12となれば話は別。J12の人気カラーはホワイトなのです。中古市場は需要の多さで買取価格も変動するので、売却対象が人気カラーのモデルであれば、当然高値での売却が可能となります。(これは、J12が構造上傷に強いため、傷跡によるマイナス査定がつかないから、といった理由も大きいのかもしれませんが)

また、先述したようにJ12の平均買取価格の相場は13万から60万ですが、ダイヤ入りの特別なモデルや石が埋め込まれているものであれば、一気にその価値は跳ね上がり、売却価格は100万円を優に超えます。中には、200万以上の値がつくことも。

J12の特徴

J12の特徴はなんといっても、ケースとブレスレットにセラミック素材を導入している点。セラミックは強い衝撃に弱い一方で、キズなどに滅法強い特徴を持ちます。そのため、長い時間所持していても擦り傷などが付かず、その輝きを非常に長い間保ち続けることが出来るのです。

シンプルでありながら、エレガントな雰囲気を醸し出す、まさしくシャネルの理念を体現しているかのような時計と言えるでしょう。

「プルミエール」の買取価格は?

さて、こちらは特に女性人気の高いモデル「プルミエール」。こちらは、少々J12と比較して控えめの15万円から40万円ほど。高いものでも、およそ80万円程と、J12ほどの高額査定は期待できないようです。

ただし、J12と同じく保存状態の悪さがあまり価格に響かないモデルなので、査定に出せば間違いなくある一定以上の値はつくことが約束されています。また、あしらわれている宝石次第では上述の相場を遥かに超えることもあるようなので、一概にプルミエールだから高く売れないと言ったことはないようです。

プルミエールの特徴

そんなプルミエールの外見的な特徴は、主に三つ。まず縦長の長方形の四隅をカットしたかのような形状の八角形のケースが挙げられます。この形は、プルミエールはシャネルの本店があるパリのヴァンドーム広場が由来。

次に数字の刻まれていない文字盤。プルミエールの文字盤には、1から12までの数字は一切刻まれておらず、白や黒といった単色のバックに「CHANEL」と刻まれているのみです。

また、ケース内に秒針はなく、あるのは長針と短針のみ。使用者は、おおよその短針と長針の位置を元にして現在時刻を予測する必要があります。

ブランド時計の多くは、同じモデルでも多種多様なデザインが存在しますが、プルミエールは基本的にこの「八角形のケース・数字の無い文字盤・シンプルな針」といった基本デザインに変更がないので、一目見ただけでそれと分かることでしょう。

シャネルの時計を高く売るためのポイント

隅々までキレイに磨く

ヨゴレや傷、凹みなどがあると減額につながります。オーバーホールが必要な傷や凹みにかんしては対処が難しいですが、清掃なら自分でもある程度までは可能です。査定に出す前に、隅々までキレイに清掃をして、できるだけ状態を良くしておきましょう!

ギャランティは大切に保管しておく

付属品は大事に保管しておきましょう。とくにギャランティ(保証書)は正規購入をしたことの証明になる書類なので、重要です。ギャランティがないと基本的に減額されてしまい、買取店によっては買取ってもらえないこともあります。

シャネルの時計の買取実績

誰もが名前だけなら知っている、といってしまっても過言ではないであろうシャネル。このブランドのネームバリューはもちろん、品質の良さに関しても文句を付ける方はなかなかいないでしょう。

そんなシャネルの時計に関して、実際のところ買い取ってもらった際にはいくらになるのか?買取実績からその程度を見ていきましょう。

なんぼや

J12 クロマティック 2,250,000円

なんぼや
画像引用元:なんぼや公式HP
https://nanboya.com/chanel/

いきなりの高額査定にびっくりしてしまうようですね。バリエーションの豊富さから、大人気となっているJ12コレクションは、その人気の高さから買取をお願いする際にも高額査定を期待できる代表的な物ともいえるでしょう。

ただし、バリエーションが豊富であるということは、モデルによっては査定額にも幅が出てくるということでもあります。上記買取実績のタイプは、購入の際に低下が存在しないからこその価格だともいえますね。

プルミエールM 80,000円

なんぼや_02
画像引用元:なんぼや公式HP
https://nanboya.com/chanel/

シャネルの永遠の定番商品とも言えるプルミエール。こちらも上記で紹介したように、シャネルの時計コレクションの中では高額査定が期待できるモデル。

女性らしい小ぶりなデザインでありながら、特徴的なシルエットは時計としてはもちろんブレスレットとしても手首を彩ってくれますね。古くからあるものでありながら、古臭さを全く感じさせないからこその高額査定だといえるでしょう。

大黒屋

J1212PダイヤH1626 200,000円

大黒屋
画像引用元:大黒屋公式HP
https://kaitori.e-daikoku.com/brand/brand/chanelj12.html

大黒屋ではシャネルのJ12シリーズを強化買取中であることもあって、基本的に高額買取が期待できるJ12シリーズを、より効果に買い取ってもらえる可能性が高くなっています

石入りになっていることから、やはり少し上乗せの買取価格になっていますね。買取業者では上記のようにキャンペーンなどを行っていることもあるので、こういった機会を利用するのも賢い選択といえるでしょう。

プルミエール 45,000円

大黒屋
画像引用元:大黒屋公式HP
https://kaitori.e-daikoku.com/brand/brand/chanelj12.html

基本的にシャネルの時計を買い取ってもらおうと考えた際に、どのようなコレクションでも歓迎してもらえることでしょう。

しかし、反対に人気があるコレクションが偏っているブランドでもあるので、在庫状況によっては買取価格がガクッと下がってしまうこともあります。常態があまりにも悪い、というようなことがない場合は、時期を見計らってみることも大切でしょう。

ブランドコンシェル

J12マリーン 250,000円

ブランドコンシェル
画像引用元:ブランドコンシェル公式HP
https://brand-concier.com/tokei-kaitori/kaitori-brand/chanel/

やはりシャネルの時計といえば「J12」が強いですね。ブランドコンシェルでもJ12の買取実績が多く見られました。

シャネルといえば女性主体のブランドだと考えがちですが、もちろんメンズコレクションも多く扱っています。J12マリーンは中でも男性に人気のモデルですね。ブランド時計の中でも、スポーツタイプの時計にしては高めの買取実績だといえるでしょう。

こういったところからもシャネルのJ12に関する人気の高さがうかがえるようです。

プルミエールYG革ベルト 80,000円

ブランドコンシェル
画像引用元:ブランドコンシェル公式HP
https://brand-concier.com/tokei-kaitori/kaitori-brand/chanel/

シャネルで初めて本格的な時計として売り出されたプルミエール。30年以上たった現在でも、やはり高い人気を誇っています

革ベルト派、チェーン派と分かれますが、より時計として使いやすいのは革ベルトのタイプでしょうか。買取査定の際には、ここの違いではあまり差が付きません。ただ、革ベルトはメンテナンスがより大変である側面があるので、買取を実際に行う前にきれいにメンテナンスをしておいた方が査定額にもかかわってくるでしょう。

潜入レポート 高額買取SHOPは?実際に査定に行ってきました

TOP

コンテンツ一覧