損しない貴金属の売り時とは?

金・プラチナの買取事情を調査

金やプラチナは毎日取引価格が変動し、それに合わせて買取の査定額も変わります。インターネットで検索すればすぐ出てきますが、日々動く相場を見ているといつが売り時なのかわからなくなってしまいますね。ここでは、貴金属の売り時や、高く売るために知っておきたいポイントなどをくわしく解説します。

金の売り時は?

まず、最も安定している資産のひとつとされる“金”ですが、1年単位でその相場を見ると、まさに今が売り時と言えそうです。金の価格は現在、ここ30年間で最も高い水準にあり、この金額から上昇する可能性は少ないと予想できるからです。

今後金の価格が上がるとしたら、リーマンショックを越える世界的な惨事が起こった時でしょう。可能性は低いのではないでしょうか?もちろん、金の相場動向を予測するのは非常に難しいことなので断言はできませんが、緩やかな下降線あるいは横ばいと考える方が現実的と言えます。

プラチナの売り時は?

一方“プラチナ”ですが、プラチナの価格相場は2007年に1g:6,000円近くまで高騰しましたが、それ以降は減少の傾向にあります。今後、科学の発展に伴って廃れていくのではないか…?とも囁かれている貴金属なのです。

2007年に高騰したのはエコカーの急速な普及が関係しているのですが、時代の傾向として今後も需要高が期待できる一方で、電気自動車や新たな方向に伸びていく可能性も十分にあり、何かプラチナの新しい用途が確立されて需要が一気に高まらないかぎり以前のような水準まで上がることは考えにくいでしょう。

ハッキリ売り時と言うのは難しいですが、今売ることで損となる可能性よりは、得となる可能性の方が高いと言えます。

貴金属を高く売るためのポイント

今が売り時だとしても、どうせ売るのであれば、少しでも高い価格で売りたいと思いますよね。そのために重要なのは、“買取業者の情報収集”と比較です!できるかぎり情報を集め、最もいい高く売ることができる業者を選びましょう。

買取相場をチェック

上でも説明したように貴金属は常に取引相場が変動しており、買取の査定額もその相場に左右されます。しかし、すべての業者が同じ金額を提示するわけではありません。

まず、どのくらいの頻度でその業者が相場を確認しているかにより、査定額も変わってきますね。どの段階の相場を参考にしているかによって査定額が変わるからです。

また、転売ルートによっても大きく変わります。高く転売できるルートを持っていなければ、もちろん査定額も高くはなりませんね。高く買取ってくれる業者は、それでも利益を生み出せるだけのパイプを持っているわけです。

そのため業者を選ぶなら、過去の買取相場が高いところがおすすめ。また、買取相場をハッキリと表示し、できるだけ頻繁に更新しているところを選ぶとよいでしょう。買取相場を曖昧にしているところはおすすめできません。

機材を用いて査定を行なっているかチェック

貴金属を正確に判別するには、「蛍光X線貴金属分析装置」などの測定器を使うのが一番です。

ジュエリーの地金には、どの貴金属をどれくらいの割合で使用しているのかが刻印されていますが、合金に含まれる別金属の表示はされていないことも多いです。また、海外のものなど、刻印どおりの貴金属が使用されていないケースもあります。さらに、完全なハンドメイドなど、刻印自体がないこともあるのです。

こういったケースでも、貴金属分析装置を用いれば貴金属の種類・含有量を正確に判断できます。当然、業者の信頼度も高いと言えますね。

手数料をチェック

業者によっては、買取にかんして手数料を設けているところもあります。さらに、ホームページの端っこにわざと小さく記載をして、分かりにくくしているケースなども珍しくありません。このような業者は信頼がおけませんね。

選ぶなら、ホームページにはっきりと「手数料無料」と書いているところがおすすめです。ぜひチェックしてみてください。

潜入レポート 高額買取SHOPは?実際に査定に行ってきました

TOP

コンテンツ一覧