TOP » 高く売るために知っておきたいこと 宝石編

高く売るために知っておきたいこと 宝石編

宝石の買取事情を調査!

宝石の色やアクセサリーのデザインに飽きた…、年齢に合わなくなってきた…など、宝石を売りたいと考えている方も多いのではないでしょうか?ここでは、そんな宝石の買取サービスに興味がある方に向け、宝石の種類別に、それぞれの買取事情を紹介していきたいと思います。

ダイヤモンド、エメラルド、サファイアそれぞれについて、査定の基準や買取相場などを詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ダイヤモンド

ダイヤモンドの品質は、「4C」という基準で判断され、どの程度理想に近いかによってダイヤモンドの価値が決まります。

そもそも「4C」とは…??

  1. “カラット”(ダイヤモンドの重量)
  2. “カラー”(ダイヤモンドの色)
  3. “クラリティ”(ダイヤモンドに内包されたインクルージョンの程度)
  4. “カット”(ダイヤモンドの形状)

このような4項目を表すもので、この基準をもとにダイヤモンドの価値が決まり、買取価格は「4C」の組み合わせによる価格が記載された「ダイヤモンド価格リスト」を参考にして決められます。ちなみに、鑑定書がなくてもきちんと売れるので紛失してしまっても一度問い合わせてみることをおすすめします。

エメラルド

エメラルドは、「エメラルドカット」という形が一番高評価を得られます。

同じ色味のエメラルドの場合、丸いカットの倍以上の査定額がつけられることもあるようです。またエメラルドカットの黄金比は、「縦:横:深さ」が「5:3:2」の比率と言われています。

カットの他に考慮されるのが、色味インクルージョン。色味にかんしては、深みのある緑色のエメラルドが最も価値が高いとされます。そして、インクルージョン(内包物)が少なければ少ないほど価値が上がります。

サファイア

ダイヤモンドに次いで堅く、傷が付きにくいと言われているのがサファイア。

価値が高いのは、「コーンフラワーブルー」「ロイヤルブルー」といったブルーサファイアで、濃すぎず薄すぎず、適度な透明感と青みを持ったブルーサファイアが最も希少で高価となります。また、「インクルージョン」と呼ばれる内放物や不純物が少なければ少ないほど、価値も高まります。

ルビー

危険から身を守り、勝利を呼ぶ石として信じられてきたルビーは、今でも幸運を引き寄せる石として人気があります。

熱や酸に強く、耐久性も高いので、比較的取り扱いやすい宝石です。ほとんどのルビーは色の濃さや明度を調整するため加熱処理が施されていますが、まれに自然のままでも美しいルビーがあり、それを非加熱ルビーと呼びます。

ルビーの買取りにおいて、重要視されるのはカラーです。赤いカラーのものだけをルビーと呼び、それ以外はサファイアになります。不純物が少なく純粋な赤色をした「レッド」が、最高級のルビーです。

基本的に内包物の多い方が価値は下がります。しかし、内包された細い鉱物が光に反射し、星のような輝きが見られるスター効果(星彩効果)のあるルビーは、逆に価値が上がります。

パール

貝の体内で作られる生体鉱物。シンプルな美しさから、幅広い年齢層の人が冠婚葬祭などに身に付けます。

天然と養殖がありますが、現在、流通している真珠は約90%が養殖です。養殖パールは、あこや貝などに丸い核を入れて、その表面に真珠層が生成されるのを待ちます。オーストラリアやインドネシアでは、大型の白蝶貝を使うため、日本の約2倍の大きさのパールができます。

カラーはシルバー、クリーム、ゴールド、ピンク、ブルーなど多彩で、特にピンクは人気があります。パールは劣化しやすいので、着用したら皮脂や汚れを拭き取るようにしましょう。

アクアマリン

ラテン語で海水という意味を持つ、澄んだ水色の宝石。エメラルドと同じく、ベリルという緑柱石に属しています。

エメラルドは内包物や傷が多いのに対し、アクアマリンは内包物が少なくほとんど無傷のまま大きくなります。内包物が少ないほど透明度が上がるので、価値も高くなります

淡い青色から濃い青色まで色合いには幅があり、濃い青色のほうに高値が付きます。最上位格のアクアマリンはサンタマリアと呼ばれています。

宝石を高く売るためのポイント

ずっと大切にしてきた宝石を売るなら、少しでも高い価格で買取ってもらいたいですよね。ここでは、宝石をより高く買取ってもらうために知っておきたいポイントを、いくつか紹介します!

トレンドをチェックする!

金やプラチナといった貴金属と違って宝石に価格変動はないでしょ?と思っている方も多いかもしれません。しかし、実は宝石にもトレンドがあり、買取価格に影響することもあります。

たとえば人気有名人が身につけていた、映画の中で使われた…など、その時に注目が高まっている宝石は、査定額が上がる可能性があります。

とくに急いで売らなければならない理由などがなければ、ぜひ宝石のトレンドをチェックして売るタイミングを検討してみましょう。

簡単なお手入れをしておく!

古くて薄汚れた宝石より、キレイにお手入れされた宝石の方が印象は良いでしょう。表面に付いた簡単なヨゴレやホコリなどは軽く拭き取るだけで落ちるので、査定前に実践してみてください。ただ、ゴシゴシ強く擦ったりすると逆に傷をつけてしまうこともあるので、注意が必要です。

ちなみに、ヨゴレは蓄積すると落としにくくなるので、日頃から使用後にサッと拭く習慣をつけると良いかもしれませんね。

鑑別書も添える

宝石の品質を保証してくれる鑑別書があれば、一緒に出しましょう。それがないと買取ってもらえないということはないと思いますが、査定員にとっては参考になりますし、印象も良いでしょう。もしかしたら査定額に影響するケースもあるかもしれません。日頃から大切に保管しておきたいものです。

また、購入時に付いてきた袋や箱も残っていたら、ぜひ一緒に出すようにしましょう。

買取店選びが何よりも大事!

宝石を売るにあたって、最も重要となるのが買取店選び。

まず基本的なこととして、買取店のホームページなどに古物商許可番号が書かれているか?専門鑑定士が在籍しているか?などをチェックし、ちゃんと正規買取を行なっている業者であることを確認してみましょう。

それから、査定時の相場基準にも注目。

何を基準に査定額を提示しているのかよくわからない…といった業者は注意が必要かもしれません。「相場はこのくらいですから」といった言葉を繰り返して具体的なことを何も説明しないところは避けるべきでしょう。査定額や業者の査定の仕方、対応などに納得いかない場合ははっきりと買取を断り、改めて自分の納得できる査定を行なってくれるところを探しましょうね!

インクルージョン

インクルージョンとは、鉱物が結晶化した際、またはその後に、なかに偶然入り込んだ物のことを指します。

それは一般的には宝石の評価を下げると考えられていますが、そうではないことも。インクルージョンには様々な種類があり、状態によっては宝石に新たな美しさ、輝きをもたらし、その価値を高めることも多いのです。

ここでは、特に宝石の価値を高めるインクルージョンを中心に解説し、宝石を購入する際、売る際に役立つ知識をご紹介します。

潜入レポート 高額買取SHOPは?実際に査定に行ってきました

TOP

コンテンツ一覧