TOP » これってどうなの? ブランド買取によくある質問まとめ » 買取不可と言われるパターンってどんな時?

買取不可と言われるパターンってどんな時?

ブランド買取のサービスを提供しているところは、ほとんどがリユース・リサイクルを念頭において査定を行なっています。そのため、リユースもリサイクルもできないと判断されれば、買取不可と言われてしまうでしょう。

では実際に、どのようなアイテムがそう判断されるのでしょうか…?以下に、一覧にしてみました。

ただし、買取不可の判断基準は買取店により異なります。あるお店では買取れないと言われたけど、違うお店では普通に買取ってもらえた…というケースもあるので、1つの買取店の判断がすべてとは思わないでくださいね。正規のブランド品ならある程度の値段で売れる!という自信は持ちましょう。

買取ができないと言われるケースを紹介

商標権違反の「コピー品」

オークションや転売掲示板などの普及によってコピー品が多く出回るようになりましたが、買取店では、コピー品の可能性がある品物に関しては絶対に買取りません。

買取店には「偽物」と断言できないルールがあるので、品物の状態は良いのに即決で買取不可と言われた場合は、コピー品の疑いがあると理解すべきでしょう。

ちなみに、並行輸入品の中にはコピー品が多く紛れ込んでいます。そのため、並行輸入で購入したことがわかると、買取に関してかなり慎重になるようです。

正規品ながら偽物の特徴を持つハンドメイド品

正規品にもかかわらず、タグやロゴのズレなど、偽物と同じような特徴が見受けられる製品があります。エルメスなどはハンドメイドなので、そのような事例も珍しくありません。

このようなケースは買取店としても真偽の判断が難しく、仮に本物だとしても、販売時に偽物と思われてしまう可能性があります。そのため、買取を避けるところもあるようです。やはり買取店としては、買取ったとしても売れなければ意味がないのです。

シリアルナンバーに傷がある品物

どんな買取店であっても、盗品の疑いがある品物は買いたがりません。

盗品を疑われるケースとしては、“シリアルナンバーに傷がある”というのが挙げられます。シリアルナンバーは、ブランドが個人を紐付けるナンバーのようなもの。もし盗難の被害届が出された場合、シリアルナンバーを元に捜索が行なわれます。そのため、犯人がシリアルナンバーに傷を付けたり、加工して見えなくしているケースが多いのです。

そうような形跡がみられる場合は買取店としても盗品を疑わざるを得ず、買取不可となる可能性が高いと言えます。

強いニオイがついている品物

ブランドのランクや品物の種類にもよりますが、タバコや香水などの強いニオイがついてしまっている場合、どんなに状態が良くても買取不可となる可能性があります。いずれ売るかもしれないと思っているブランド品ならば、日頃からニオイには気を付けましょう!傷や汚れなども同様です。

安めのブランド品で状態の悪いもの

「ルイ・ヴィトン」「シャネル」「エルメス」の高級ブランド御三家はどんなに状態が悪くても買取不可となることはないようですが、低価格帯のブランドの場合は、状態が悪いと0円査定されることも少なくありません。たとえば「コーチ」「マイケルコース」などが挙げられます。これらは元の値段が安いうえ、並行輸入品なども多いので、状態が悪い中古品の需要はほとんどないのです。

潜入レポート 高額買取SHOPは?実際に査定に行ってきました

TOP

コンテンツ一覧