TOP » これってどうなの? ブランド買取によくある質問まとめ » 並行輸入品は買い取ってもらえる?

並行輸入品は買い取ってもらえる?

ドンキホーテや大手家電製品ショップやインポートショップなどで売られているブランド商品。「これって本物?並行輸入品は、正規品と一体何が違うの?」と思った人は多いのではないでしょうか。ここでは、並行輸入品の買い取り事情について紹介しています。

そもそも正規品と並行輸入品の違い

正規品とは、正規店や正規代理店で販売されている品物のこと。ブランドの直営店、あるいはブランドと直接代理販売契約を結んでいる店舗で売られているものが正規品と呼ばれます。

一方で並行輸入品とは、正規店・正規代理店で販売されている品物を、メーカーとは関係ない業者が直接買い付けて国内の業者に販売し、それを小売業などで販売している品物のことです。

正規品も並行輸入品も、商品としてはまったく同じもの。販売までのルートが違うだけです。

正規品のメリット&デメリット

メリット

  • 正規のギャランティーカードが付く
  • 正規の修理やサポートが確実に受けられる
  • 偽物の可能性がない

デメリット

  • 並行輸入品のように値下げしていない

並行輸入品のメリット&デメリット

メリット

  • 正規品より安く購入できる

デメリット

  • ギャランティーカードが付かないことが多く、付いていても本物のギャランティーカードとは異なるため意味をなさない
  • 偽物が混入されていることもしばしば(これが並行輸入品のイメージを悪くしている原因)
  • 正規の修理やメンテナンスが受けられないブランドもある

並行輸入品の買取事情について調査!

並行輸入品のデメリットとして、「ギャランティーカードが付かないことが多い」という点を挙げました。このことが、並行輸入品の買取事情に大きく関係します。

ブランド品を買取に出す際、正規のギャランティーカードを発行しているブランド(シャネル、プラダ、カルティエなど)の場合は、やはりギャランティーカードがある方が高評価となります。実際、ギャランティーカードがあることで査定額がアップすることも珍しくありません。

ギャランティーカードがあると高値買取に

なぜなら、次にその品物を購入する人が、中古品であってもギャランティーカードを求めるからです。ギャランティーカードが付いているかいないかで、売れ行きもまったく違うそう。やはり本物であるという信頼感と、ギャランティーカードがあることで正規のサポートが受けられるという点が大きいようです。

正直、査定員側からすると、ギャランティーカードがあろうとなかろうとあまり関係はありません。査定員もプロなので、ギャランティーカードではなく製品自体を見て本物か偽物かを鑑定するからです。しかし、ギャランティーカードの有無で売れ行きが変わるため、買取の際にもそれを考慮した査定がされるわけです。結果的に、ギャランティーカードが付いている正規品の方が、高く査定されやすい傾向にあると言えます。

並行輸入品にはコピーが紛れ込んでいる可能性も

また、並行輸入品の中にはコピー品が紛れ込んでいることが多いです。買取店としてはコピー品を買取ってしまうことは極力避けたいので、その品物が並行輸入品とわかると、かなり慎重になるところがほとんどです。場合によっては買取をしてもらえないケースもあるかもしれません。

潜入レポート 高額買取SHOPは?実際に査定に行ってきました

TOP

コンテンツ一覧