ルイ・ヴィトンのバッグ

ヴィトンのバッグの買取事情を調査!

中古のブランド買取を行なう会社なら取り扱いは必須、というぐらい人気の高いルイ・ヴィトン。中古市場で最も売れるといっても過言ではないブランドです。ここでは、「ルイ・ヴィトン」のバッグの買取事情について、くわしく解説していきたいと思います。

ヴィトンのバッグ買取相場は?

多少汚れが目立つものでも比較的高値でやり取りがされ、どんなにくたびれた古い製品でも、売値がまったくつかないということは考えられません。それほど、中古でも需要があるのです。

もし状態が良ければ、定価の30%ほどで売れるのが平均的。平均買取率がここまで高いのは「ルイ・ヴィトン」「エルメス」「シャネル」の3ブランドだけでしょう。新品同様なら定価の80%ほどで買取ってもらえる可能性もあります。

買取業界内でも、価値が落ちづらいブランドという位置づけのようです。

ちなみに、ルイ・ヴィトンのバッグの中で買取価格が最も期待できるのは、ダミエ・ダミエアズールだと「イエナ」「ネヴァーフル」。モノグラムだと「チュレン」「イエナ」です。購入が1年以内で、新品状態のものが理想です。

ラインによる買取価格の違いは?

ルイ・ヴィトンにはいくつかのライン(柄)がありますが、とくに高価買取されやすいのは「ダミエ」「モノグラム」です。この2つは流行に左右されづらく、価格が安定しているようです。以下に、ライン別の買取価格を一部ですが比較してみました。

スピーディ30 新品の状態

  • モノグラムM41108(定価106,000円)…74,200円
  • ダミエN41364(定価106,000円)…68,900円
  • ダミエアズール N41370(定価106,000円)…68,900円
  • マルチカラー M92642(定価347,000円)…156,150円

※参照:大黒屋
(https://kaitori.e-daikoku.com/
brand/brand/vuitton_interview.html#v4)

エピとヴェルニのラインは流行に左右されやすい

あくまで参考ですが、マルチカラーは個性的な配色で好みが分かれるため、控えめの価格となるようです。ちなみに、「エピ」と「ヴェルニ」のラインはカラーが豊富で選択肢が多いため流行に左右されやすい特徴があり、価格も安定しません。ただ、カラーによる極端な差はないようです。

ヴィトンのコラボ商品はいくらで査定される?

ルイ・ヴィトンは、有名デザイナーやアーティスト、高級ブランドなどとのコラボ製品が定期的に発売されます。日本人とのコラボを例に挙げると、幻想的な水玉模様が有名な草間彌生、世界が認める現代美術家・村上隆、フラグメントデザインで知られる藤原ヒロシなどが代表的です。

村上隆とのコラボ製品「モノグラモフラージュのトレイ」は超高値で取引

コラボ製品は限定販売で、絶対的に出回る数も限られているため、4~5年後にプレミア価格が付く…というケースも少なくありません。有名な例としては、08-09年に発売となった村上隆とのコラボ製品「モノグラモフラージュのトレイ」(迷彩柄モノグラムの旅行用大型ハンドバッグ)があります。発売当時は定価で20万円前後でしたが、なんと2015年、アメリカ発の世界最大規模オークション「eBey」において、中古品が100万円で落札されました!

ヴィトンのバッグを高く売るためのポイント

ルイ・ヴィトンのバッグを少しでも高く売るためには、以下のようなポイントに気を付けるのがおすすめです。

使わなくなったらすぐに売る

ルイ・ヴィトンは新しい商品がどんどんと発表されます。そのため古いモデルは値が下がりやすいので、使わなくなったり飽きたりしたら、すぐに売りましょう!

汚れやホコリはキレイにする

査定に出す前には、必ず汚れを落とすこと。市販クリーナーを使うと商品に良くないこともあるので、渇いた綺麗な布等で軽く拭き落とす程度が間違いありません。

付属品も揃えておく

もし新品として買取ってほしいなら、すべての付属品が揃っている必要があります。もちろん、中古品であっても揃っているに越したことはありません。

何点かまとめて持ち込む

単品で持ち込むより、何点かまとめて持ち込んだ方が買取価格もアップしやすいようです。

潜入レポート 高額買取SHOPは?実際に査定に行ってきました

TOP

コンテンツ一覧