エルメスのバッグ

エルメスのバッグの買取事情を調査!

エルメスのバッグは、人気・価格・質とどれをとっても、他の高級ブランドから頭一つ抜けた存在。そのため買取市場においても高額査定を得られる定番のアイテムとなっています。ここでは、高級ブランドの代表格とも言える「エルメス」のバッグの買取事情について、くわしく解説をしています。

エルメスは、中古品であっても定価を上回る価格に高騰するアイテムも少なくなく、投資・資産価値の高いブランドバッグと言えるでしょう。

エルメスのバッグの買取相場は?

エルメスのバッグはどんなモデルでも30~40万円はしますし、買取査定で10万円を切ることはそうそう考えられません。

「ケリー」「バーキン」などの最上位モデルなら、100万円以上の査定額となることも!これら2モデルにかんしてはどの市場においても品薄が常で、その価値は中古であっても相当高くなります。そのため、買取率は平均50~60%

100万円を超える高額買取も珍しくない

人気の高い素材やカラーの場合、定価を越える金額が出ることも少なくないのです。

また、上記2つのモデル以外にも、「ピコタン」「ガーデンパーティー」といったモデルも定番で高人気。ケリーやバーキンのようなプレミア価格とまではいかずとも、他ブランドのバッグよりは高い買取率が期待できるでしょう。

高値査定の商品は買取業者によって査定金額に差がある

ただ1つ覚えておきたいのは、高額査定が期待できるからこそ、買取業者によって査定額に大きな差が生まれることもあるという点。そのため、手放すならある程度の知識を持っておきたいところです。

バーキンの買取相場や査定のポイントは?

エルメスのバッグの中でもとくに人気が高いモデル「バーキン」。平均買取額は100万円以上という超高級品ですが、カラーや素材、サイズなどによって人気にはバラつきがあり、買取相場もかなり違ってきます。

高く売れるかどうかは、基本的に人気のカラーか?また人気の素材か?によって決まります。つまりバーキンは、カラーと素材の組み合わせで買取金額が変わるのです。そこに製造年や状態が加味され、新しくて状態の良いものほど高く買取ってもらえます。

サイズはバーキン30が高額査定になりやすい

カラーと素材の前に、サイズでの違いもあります。もっとも人気で流通量も多い「バーキン30」が一番高値になりやすく、次いで「バーキン25」、「バーキン35」となります。それ以上のサイズ(40・45)は人気が低く、高額買取にはなりづらいでしょう。

人気のカラーはブラックなどのモノトーン系

安定して高値がつきやすく相場も動きにくいのはモノトーン系のカラーです。とくに「ブラック」「エトゥープ」の2色は鉄板。「バニラ」など汚れが目立つゆえに人気が低く査定額が伸びないカラーもありますが、基本的にモノトーン系のカラーは高値で売れやすく、状態が良ければ100万円を越えることも珍しくないでしょう。

また、流行によっても変わります。現在人気が高いのはピンク系のカラー。世界中で需要が高いため、最も高く売れるカラーとなっているようです。

クロコなどの特殊素材は超高額買取に!

素材については、以下の4種類が高人気で、高額買取の定番です。

  • トゴ
  • スイフト
  • ヴォーエプソン
  • トリヨンクレマンス

ちなみに、超高額で売買される特殊素材のバーキンもあります。たとえば「バーキン・クロコ」は超高額モデルの代表。買取価格200万円が最低ラインと言われるほどのレアアイテムです。

製造年も査定額の重要なポイント!

製造年によっても査定額は大きく変わります。

バーキンの新品はほぼ確定的に定価を超える高額買取となりますが、「新品」と判断されるのは基本的に昨年製造のモデルまで。それ以前のものは、どんなに状態が良くても「中古品(新品同様)」と判断されます。「新品」と「新品同様」の差は非常に大きく、10~20万円ほどの減額となってしまうようです。

ちなみに、製造年を確認するには、金具の裏に施された刻印を見ること。どんな文字が刻印されているかによって、何年に作られた製品かがわかるようになっているのです。

バーキンの製造年刻印一覧表

刻印一覧
引用元:ブランド買取キングダム
(https://b-kingdom.jp/birkin-kaitori/)

ちなみに、もし以下の2種類の文字が刻印されていたら要注意。

  • S刻印
  • スターマーク

これらの刻印がある場合は買取できないイレギュラー品の可能性が高いです。

「S」はアウトレット品を意味し、スターマークの刻印は関係者品を意味します。これらは基本的に買取ができないそうなので、念のためチェックしておくとよいでしょう。

エルメスのバッグを高く売るためのポイント

とにかく状態を良く見せる!

中古アイテムを売る際に重要となるのは、普段から大切に使っていたかどうかです。しかし、直前の努力で数万円でも査定額がアップするのなら、うれしいですよね。以下に、少しでも状態を良く見せるためにできる裏技をまとめました。

  • 型崩れを直す…型崩れは5~10万円の大幅減額につながります。もし崩れているならば、詰め物をするなどしてある程度戻しておきましょう。
  • 内装のポケットなどを掃除する…バッグの内装にゴミやホコリなどがあると、査定に響きます。できるだけキレイにしておきましょう。
  • 日干しで消臭する…タバコや香水といった臭いがついていると、減額されます。匂いがある場合は風通しの良い場所に干すなどして消臭対策をしておきましょう。

付属品をできるだけ揃える!

付属品の有無も、査定額を上げるポイントになります。たとえばバーキンの付属品には以下のような物があるので、できるだけ揃えておきましょう。とくに新品として買取ってもらいたい場合は、すべて揃っている事が必須です!

  • 保存袋
  • カデナ(南京錠・鍵2本)
  • クロシェット
  • タグ

  • レインカバー

保護シールは剥がさないことが重要

また、新品のバーキンには、すべての金具部分に「保護シール」が付いています。このシールを剥がしてしまっていると減額対象。とくに底鋲のシールが貼ってあるかどうかは重要で、数万円の差が出るようです。使い込んでシールが剥がれかけていたとしても、剥がさずにそのまま査定に出しましょう!

潜入レポート 高額買取SHOPは?実際に査定に行ってきました

TOP

コンテンツ一覧