グッチのバッグ

グッチのバッグ買取事情を調査!

 高級ブランドの中でもとりわけ知名度の高い「グッチ」ですが、中古市場における評価はというと、実はそれほど高くありません。中古で高値がつく3ブランド「エルメス」「シャネル」「ルイヴィトン」の、少し下に位置するイメージです。ここでは、「グッチ」のバッグの買取事情について解説していきます。

グッチの買取相場は?

中古で高く売れるブランドアイテムの平均買取率目安を30%と考えると、グッチは平均15~20%といったところでしょうか。

しかし、近年グッチは大幅な商品ラインナップの入れ替えを実施し、定価もこれまで10万円前後をメインにしていたところ、20万円前後の製品も増やしました。並行輸入品の流通を抑えることで人気も高まってきています。

とくに若者向けの少し派手なデザインが増えて人気を集め、中古市場でも高値をつけるようになりました。買取率が30%近いものも多くなってきています。グッチは、“買取相場が近年最もアップしたブランドの1つ”と言えるでしょう。

高額査定が期待できるのは、新しいモデルのレザー製バッグ

ちなみに、中でも一番高く買取ってもらえるのは、新しいモデルのレザー製バッグです。定価20万円前後のものが多いですが、買取では12万円ほどの査定額となるケースもあり、かなり高値がつきます。

総じてグッチのバッグの買取では、“新しいアイテムが高く売れ、古いアイテムは安い”と考えていいようです。

高額買取が期待できるグッチの人気ラインは?

現在高い人気を誇るのが、以下の4つのライン。

  • デュオニソス
  • GGマーモントシリーズ
  • ゴーストシリーズ
  • バンブーシリーズ

デュオニソスとGGマーモント、ゴーストは最近のデザインで、グッチが大幅な商品ラインナップの入れ替えを行なった後に登場したものです。

女性人気の高いデュオニソス&GGマーモント

まず「デュオニソス」は、動物モチーフのデザインが特徴。蛇のような金具が付いたアイテムと言えば思い浮かぶ方も多いでしょうか?

そして「GGマーモント」は、新しいグッチのロゴ「GG」が中央に施されたデザインで、現在グッチの中で最も高く売れる人気のライン。中でも定番となっているのは「キルティングレザー ショルダーバッグ」です。これら2つのラインはとくに若い年代の女性から人気で、平均買取率は30%ほどとなっています!

ゴーストはメンズ人気が高い!

「ゴースト」は、少し前に若い男性層から爆発的な人気となったライン。メンズの小物やアパレルアイテムが、平均買取率20~25%ほどと高値でやり取りされます。一般的にブランドのアパレル系アイテムは10%程度の買取率なので、かなり高値の設定になっていることがわかりますね。

古いラインで唯一高値がつくバンブー

最近のモデル以外では、唯一「バンブー」だけが買取率30%を期待できるラインです。その名のとおり竹を用いた個性的なデザインで、人気が高く、価格帯も比較的高めとあって、中古市場でも需要があるようです。

潜入レポート 高額買取SHOPは?実際に査定に行ってきました

TOP

コンテンツ一覧